フリーのメリット

フリーエンジニアに限らず、フリーで活動するということは、大きなメリットがあります。その中でも一番良いのが、時間の猶予があるということです。フリーエンジニアにとって、時間の猶予があるというのは、とてもいいことで、自分が作りたいものを、じっくりと練る時間もあれば、子育てや勉強といったことにも、時間を十分に使うことができるからです。

しかし、その半面デメリットとなるものもあります。それは、仕事や年収の事が大きいとは思いますが、成功してしまえば、そのデメリットは消え去ってしまいます。成功してからのデメリットといえば、その位置を誰にも渡すことなく活動し続けなければいけないという点だけで、仕事や年収については、余り考える必要はありません。IT業界での成功とは、それだけで実績になり、実績ができれば仕事は探さずとも舞い込んできます。なければ作ればいいだけですので、それでもまた一つ実績を作ることが出来ます。

また仕事についても、明確な目標を立てやすく、自分のためだという自覚があるからこそ、モチベーションを高く持ち、質の高いものを作ることも出来るのです。逆に、フリーではない会社員などの場合は、会社のためだからとか社会の歯車でしか無いという考えが邪魔をしてしまい、モチベーションが低くなり、作られたものも穴の多いものになりがちです。しかしながら、その隙間を埋めていくことが出来るのが、フリーエンジニアの強みとなるのです。

また、作業が手に負えなくなれば、起業していくという考えも出てくるのではないでしょうか。IT業界において、仕事は溢れかえるくらいにありますので、人手は多いほうが絶対にいいです。そのための時間もフリーエンジニアであれば沢山持っていますし、好きなことに時間を避けるのが一番大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です