専業主婦のフリーエンジニア活用法

フリーエンジニアは多くの不安をかかえています。確かに、社員よりも多くの報酬も貰え時間も自由に使えるというのは素晴らしいことですが、その代償としてすべての保障を放棄しているのです。社員ならば会社が倒産しない限り収入が断たれることはありませんが、フリーの立場だと仕事は自分で探さなければならず、その仕事が途絶えるとたちまち死活問題になってしまいます。仮に、仕事自体はあったとしても病気や怪我で仕事が出来なくなってしまえば、その瞬間に収入を得る手段を失ってしまうのです。

一歩間違うと茨の道を進むことになるリスクの高い職だと言えますが、これが専業主婦におさまっている女性の場合だと話は別です。フリーエンジニアの仕事は家にいながらでも行うことができるので、家事をしながら家計を助けることができます。スーパーなどでパートとして働くのと比べても何倍もの報酬をもらうことができるので、スキルを持っているのであればむしろ、それを利用しない手はありません。あくまでも、目的は家計の足しですから仕事が途絶えてもそれほど困ることはないでしょう。

どうしてもお金を稼ぎ続けたいのであれば、仕事がない期間だけパートに出ればよいのです。ただ、気を付けなければいけないのは勢い余って仕事を受注しすぎないことです。仕事の不履行の責任はすべて自分自身に返ってきます。あくまでも無理のない範囲でのこの職を利用するのが賢い方法でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です